健康食品業界にまつわる裏事情と健康食品の上手な活用方法♪
↓当ブログは書籍化されています!!(クリックで詳細ページへジャンプします。)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年、新型インフルエンザが大流行するのではないかと一時大きな騒ぎとなりましたが、幸いにも大事にはいたらず、現在ではせっかく確保したワクチンも余剰が出そうな気配です。しかし、まだまだ油断は禁物です。風邪と言えば民間療法としてネギがよいと昔から言われていますが、今回はネギの健康効果について紹介したいと思います。

ネギには、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル類、カロテン、ビタミンB1、B2、Cなどのビタミン類が多く含まれています。その他、ネギに含まれる特徴的な成分として、アリシンとネギオールという成分があります。

アリシンは、ネギの他にもニンニクやタマネギなどネギ属に共通に含まれる滋養強壮効果のある成分です。血小板の凝集を抑制して動脈硬化を予防する働きが期待されている他、抗菌、抗ウィルス、抗炎症作用もあることが知られています。

ネギオールは、ネギの白い部分に多く含まれている精油成分ですが、アリシン同様に抗菌、抗ウィルス作用があるほか、発汗促進作用などもあるそうです。

ネギが風邪によいとされるのは、アリシンやネギオールなどの働きによるものだと思われますが、実際に動物実験による検証も進められています。富山大大学院医学薬学研究部の林利光教授らはマウスを使ってネギの風邪予防効果を研究されています。(朝日新聞:「「ネギは風邪にいい」、ウイルス抑制実証 富山大大学院」)。

林教授らは、マウスに1週間、ネギの抽出物を経口投与した後、インフルエンザウイルスに感染させました。ネギの投与はその後も続け、最も増えるとされるウイルス投与から3日後のウイルス量を、肺と気管支で調べたところ、ネギを与えたマウスのウイルス量は、与えなかったマウスの3分の1程度に抑えられていました。また、ウイルス投与から3週間後に、マウスの体内にある抗体の量を調べた結果、ネギを与えたマウスの血液中などの抗体は、そうでないマウスに比べ、3倍近く多かったということです。これらの研究成果からネギは免疫力を高めることによって風邪を予防しているのではないかと考えられるそうです。

伝承的に風邪によいとされてきたネギですが、科学的に解明される日も近いのかもしれません。



※ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
※このような話題に興味のある方がおられましたら、このサイトへ是非ご案内ください。
※お時間がございましたら、サイドのバナー広告もご覧いただければ幸いです。
スポンサーサイト
前回に引き続き、大豆の健康効果の紹介です。今回は、注目の成分である大豆イソフラボンについてさらに掘り下げてみました。

さて、大豆イソフラボンといえば、女性ホルモン作用をもつことがよく知られていますが、大豆イソフラボンのお話の前に、女性ホルモンと関係の深い病気についてまず紹介します。

女性は閉経前後から急激に女性ホルモンが減少し、その変化に体が対応できず、更年期障害という症状を発症することがあります。更年期障害は、長期にわたって女性の体調に影響を及ぼす重大な疾患です。短期的には、のぼせやほてり、発汗、冷え性、頭痛、不眠、不安などの不定愁訴と呼ばれる様々な不快症状を発症させます。人によっては、日常生活にも支障を来たすほど重症化することがあります。また長期的には不定愁訴が治まった後も骨粗しょう症や動脈硬化といった病気が後になって現れてくることがあります。いずれも女性ホルモンの減少が大きく関わっている病気です。

世界的にみると欧米人よりもアジア人の方が更年期障害の発症頻度が低いのですが、それは日常的に大豆製品を摂取する機会が多いことが原因であると考えられています。つまり、大豆に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンとして働き、女性ホルモンの不足を補っているからだといわれています。

大豆イソフラボンはポリフェノールの仲間ですが、化学構造が女性ホルモンによく似ているので、体内で女性ホルモンと同じ様に働いてくれるのです。このことによって、不定愁訴が軽減されたり、さらには、骨粗しょう症や動脈硬化を予防してくれるのではないかということも期待されています。また、最新の研究では、不妊症の治療に役立つことを示す研究成果も報告されているようです。

しかし、女性ホルモンの働きを持つということは、女性ホルモンの働きによって増殖が促進される乳がんや子宮がんなどを悪化させてしまうのではないかということも懸念されます。健康危害が懸念される一方、厚生労働省の疫学調査などによると、乳がんについてはむしろ味噌などの大豆製品の摂取量が多い人ほど乳がんになりにくいという結果も出ています。

様々な意見が飛び交う中で、混乱を収拾するために、内閣府の食品安全委員会によって大豆イソフラボンの安全性について入念に検討されました。その結果、種々の研究成果や長年の食経験から判断し、日常の食生活において大豆製品から摂取される量では健康に悪影響を与えないであろうと判断されました。ただし、食生活からの大豆イソフラボンにさらに上乗せして摂取される健康食品からの大豆イソフラボンについては、高濃度に濃縮されている製品が多いので容易に過剰摂取される恐れがあるため、上限値を設定することになりました。安全性の確保できる上限値として食生活に上乗せして摂取する量は、1日30mgまでとすることが適切であろうと結論されました(食品安全委員会:「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の 安全性評価の基本的な考え方」←pdfファイルです)。

上限値として設定されている量を超えたからといって直ちに健康危害が起るものではありませんが、大豆イソフラボンを含有する健康食品を利用されている方は、念のために大豆イソフラボンの含有量を確認し、過剰摂取にならないようご注意ください。


大豆イソフラボンに興味のある方はこちらもご覧ください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓





※ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
※このような話題に興味のある方がおられましたら、このサイトへ是非ご案内ください。
※お時間がございましたら、サイドのバナー広告もご覧いただければ幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。