健康食品業界にまつわる裏事情と健康食品の上手な活用方法♪
↓当ブログは書籍化されています!!(クリックで詳細ページへジャンプします。)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連日うだるような暑さが続いていますね。これだけ酷暑が続くと夏バテに陥ってしまったという方も多いのではないでしょうか。今回は、夏バテ防止食材のミョウガについて紹介いたします。

ミョウガは、ショウガ科ショウガ属に属していて、ショウガとはとても近い関係にあります。名前の由来は、大陸からショウガとともに持ち込まれた際、香りの強いほうを「兄香(せのか)」、弱いほうを「妹香(めのか)」と呼んだことから、これがのちにショウガ・ミョウガに転訛したという説が有力視されています。

ミョウガは特筆するほどの栄養成分はありませんが、香り成分のαピネン類には食欲や消化促進する働き、覚醒作用、解熱、解毒などの効果があるとされています。

俗に、ミョウガを食べると物忘れがひどくなるなどといわれていますが、むしろ、脳が活性化され、記憶力や集中力を高める効果があったという結果も報告されています。

ショウガを用いた料理のレパートリーが広いのに対し、ミョウガはそばや素麺の薬味などに用途が限られています。これは、ショウガの香り成分が熱をかけても揮発し難いのに対し、ミョウガの香り成分は、揮発し易いため、加熱を伴う料理では大切な香り成分が失われてしまうからです。しかし、この特徴は、冷奴や素麺などの冷たい料理が好まれるこの時期には余りマイナスになることはありません。

夏バテで食欲を失ったという方は、是非、料理の薬味にミョウガを使ってみてはいかがでしょうか。



※ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
※この記事が少しでも何かのお役に立てたようでしたら、ランキングの応援をしていただけるとありがたいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。