健康食品業界にまつわる裏事情と健康食品の上手な活用方法♪
↓当ブログは書籍化されています!!(クリックで詳細ページへジャンプします。)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月11日に発生した東日本大震災により、東北地方を中心として甚大な被害が発生しています。被災者の皆様方におかれましては心よりお見舞い申し上げます。

さて、余震や火災、停電、物流ルートの麻痺による必要物資の逼迫など数々の困難を抱えられていることと思いますが、現在最も懸念されるのが原子力発電所からの放射能漏れです。
残念なことに放射能漏れは拡大しつつあり、これまでの福島第一原発から半径20kmの退避に加え、30km以内の住民に対する屋内退避の指示が本日発令されました。

放射線被爆に対する危機が高まっている中で、インターネット上でヨウ素に関する誤まった情報が乱れ飛んでいるようですので、整理したいと思います。

原子炉から漏出が懸念される放射性物質としては、ヨウ素、キセノン、クリプトン等があります。この中で、放射性ヨウ素(131I⇒天然に存在する放射性ではない安定ヨウ素は、原子量127で、127Iと記され、原子炉などで核分裂によって生成する放射性ヨウ素は原子量131で131Iと記されます)は、放出される割合の最も高い放射性物質であり、気化して大気中に広範囲に拡散しやすい上、呼吸や飲食により体内に吸収されやすいため、内部被曝を起こす物質として注意を要する物質です。

放射性ヨウ素が体内に吸収されると、甲状腺ホルモンの材料として利用され、甲状腺に蓄積します。そして、甲状腺付近で放射線を照射し続けることになり、その結果甲状腺がんなどを誘発します。この放射性ヨウ素による甲状腺障害を防ぐためには、予め安定ヨウ素を摂取し放射性ヨウ素が沈着するのを防ぐことが有効とされています。

この安定ヨウ素を摂取する方法として、コンブ等の海藻類やうがい薬などがネット上では勧められているようなのですが、これは間違っています。

海藻類やうがい薬に含まれるヨウ素では必ずしも有効量のヨウ素が摂取できるとは限らず、うがい薬には飲用に不適な有害物質も含まれています。また、「第65回ヨウ素のはなし」でもお知らせしましたように、日常的にヨウ素を多量に摂取することは、人体にとって有害となる恐れもあります。

ヨウ素が有効に働くには、摂取するタイミングと量が重要ですので、医師の指導の基にヨウ素製剤を服用すべきです。詳しくは、以下の参考資料をご参照ください。

参考資料1:「ヨウ素を含む消毒剤などを飲んではいけません
参考資料2:「安定ヨウ素剤予防服用の考え方と実際
参考資料3:「茨城県薬剤師会薬事情報
参考資料4:「原子力事故時におけるヨウ素剤予防投与の実施体制の概要

一刻も早くこの大災害が収束することを願っています。


※ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
※この記事が少しでも何かのお役に立てたようでしたら、ランキングの応援をしていただけるとありがたいです。


FC2ノウハウ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。