健康食品業界にまつわる裏事情と健康食品の上手な活用方法♪
↓当ブログは書籍化されています!!(クリックで詳細ページへジャンプします。)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、個人輸入したダイエット薬が原因と見られる健康被害が多発しているようです。今回は、個人輸入品に潜む危険性について考えてみたいと思います。


まずは、報道記事をご覧ください。(産経ニュース2011.7.7 20:50)

タイ製やせ薬で健康被害多発 厚労省が注意喚起

「MDクリニックダイエット」などの名前で個人輸入されているタイ製のやせ薬について、厚生労働省は7日、健康被害が多数発生しているとして、都道府県に対し、消費者へ注意喚起を行うよう通知した。

 厚労省や東京都によると、今年4月、個人輸入した「MD-」を服用していた都内の20代の女性が薬物中毒で死亡。女性は通院歴があり、「MD-」服用以前から、医療機関で処方された睡眠導入剤や抗鬱剤などを服用していたが、「MD-」と死亡との因果関係も完全には否定できないという。

 「MD-」は「ホスピタルダイエット」などとも呼ばれ、平成14年以降、今回の事例を含め、死亡例4例を含む計15例の健康被害(疑い例含む)が公表されている。女性が服用していた「MD-」は計6種類の錠剤やカプセルで、国内で未承認の医薬品成分である「シブトラミン」(食欲抑制作用)や「フルオキセチン」(抗鬱作用)も検出された。

 厚労省は「健康被害が疑われる場合は、速やかに医療機関で受診するとともに、最寄りの保健所に申し出てほしい」としている。(引用終わり)



本来、医薬品というのは服用するに当たって、医師或いは薬剤師の指導を仰ぐべきものです。医薬品にはそれぞれ定められた用法・用量があり、守らなければ人体に悪影響を及ぼすことがあります。また、他の医薬品との飲み合わせ(=相互作用。⇒詳しくはオンライン書籍「健康食品考」に収録しております。)により、思わぬ健康危害があらわれることもあります。今回の死亡事故と摂取した商品との因果関係はまだ十分に解明されていないようですが、安易に自己判断で医薬品を服用することは避けるべきでしょう。

問題の商品は、医薬品であることを明示していたようですが、海外の健康食品については医薬品と明示しないまま違法に医薬品成分を混入したものが出回っていたということが多々あります。医薬品に限らず、輸入品については十分な注意が必要です。

個人輸入は、本来必要な許認可を経ずに少量の自己消費分の商品を自己責任で購入するものですが、医薬品や健康食品など口にするものについては、とても大きなリスクが伴うということを是非知っておいていただければと思います。

※ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
※この記事が少しでも何かのお役に立てたようでしたら、ランキングの応援をしていただけますとありがたいです。


FC2ノウハウ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。