第40回赤身の魚で疲れ知らず

ここでは、「第40回赤身の魚で疲れ知らず」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は魚の健康パワーのお話です。魚は、身の色によって赤身魚と白身魚に大別されることはよくご存知だと思いますが、夏バテで疲れ気味の方にオススメなのは赤身の魚だということを紹介したいと思います。

まず、なぜ魚には赤身の魚と白身の魚がいるかというとズバリ筋肉に質的な違いがあるからです。筋肉には、働きの違う2種類の筋肉があり、長距離走のような持続運動に適した赤筋(遅筋)と短距離走などのように瞬発的な力を発揮するときに使用される白筋(速筋)に分かれます。マグロやカツオなどの回遊魚はゆったりと泳ぎ続けるので赤筋が発達し、ヒラメやタイのような近海魚は、ちょこまかと泳ぐので白筋が発達したという訳です。生活スタイルの違いが筋肉の色に反映されているのですね。

回遊魚は寝ているときでも泳ぎ続ける程の抜群のスタミナを持っていますが、その疲れ知らずの体力の源になっているのが・・



この続きは、拙著「健康食品考」に収録させていただきました。


コメント
この記事へのコメント
こんにちは~!

この記事からいくと、やはり人間も食べ物や生活環境によって体質が違ってくるんですよね~?

それから、まぐろでも腹身の方は脂肪だから、イミダペプチドとかはないのでしょうか?
2009/07/26(日) 15:34 | URL | 野茂大好き16 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakamotoya.blog86.fc2.com/tb.php/43-79fc8354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。