第48回白身魚なのに赤い!?

ここでは、「第48回白身魚なのに赤い!?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋も徐々に深まってきて、鮭の美味しい季節になりました。鮭といえば、赤い身が特徴ですが、実は、白身魚なのです。今回は、鮭の栄養成分の秘密について紹介したいと思います。

以前、当ブログ「第40回赤身の魚で疲れ知らず」 の中で回遊魚のマグロは赤身で近海魚のヒラメやタイは白身の魚だとお話ししました。鮭の筋肉も赤色なので赤身の魚だと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、鮭は白身の魚です。赤身魚の赤色成分は、ミオグロビンという酸素を貯蔵するための色素ですが、一方、鮭の赤色はアスタキサンチンという別の色素なのです。このアスタキサンチンという色素は・・



この続きは、拙著「健康食品考」に収録させていただきました。

コメント
この記事へのコメント
> さて、質問ですが私は鮭のハラスが大好きなんですが
> ちょっと脂っこいのが気になってますが、魚油なんで気にしなくてもいいのでしょうか?

いつもコメントありがとうございます。
そうですね。魚油はハラスの部分に多いですよね。
魚油も過食すると摂取カロリーとしては増えてしまうので、大食するのは避けたほうがよいですが、通常の常識的な摂取量で問題になることはないと思います。
2009/09/29(火) 19:54 | URL | ナカ モトヤ #-[ 編集]
こんばんは~!

いつも勉強させてもらってま~す。(^^)

さて、質問ですが私は鮭のハラスが大好きなんですが
ちょっと脂っこいのが気になってますが、魚油なんで気にしなくてもいいのでしょうか?
2009/09/29(火) 17:54 | URL | 野茂大好き16 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakamotoya.blog86.fc2.com/tb.php/51-809f27ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。