第52回ゼロリスク症候群の功罪

ここでは、「第52回ゼロリスク症候群の功罪」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エコナ関連の話題が今もなおネット上で花盛りです。科学ライター松永和紀さんのブログ「松永和紀blog」でも活発な議論が交わされています。その議論の中で、「消費者団体がエコナに対するトクホ取り消し要求をしたのは、まるで食品にゼロリスクを求めているようなもので行き過ぎではないか」という考えを持つ方もいらっしゃるようでした。この意見に少し違和感を感じましたので、今一度、エコナ問題について考えてみたいと思います。

どのような食品であっても、過剰に摂取すると健康危害を引き起こす可能性があることは誰もが認めるところです。リスクの全くない(=ゼロリスク)食品は理想ではあっても現実にはありえないことです。もしも、食品にゼロリスクを課してしまうと口に入れるものが何もなくなってしまいます。行き過ぎた安全志向を揶揄する「ゼロリスク症候群」という言葉もあるようです。

しかし、その一方であまり声高に「ゼロリスクを求めることはけしからん!」と言ってしまうと、リスクの高いものよりも低いものを求める権利まで損なわれてしまうのではないかという懸念もあります。

当ブログでも、基準値以下の農薬で大騒ぎするのは馬鹿げていることや(「第17回残留農薬」)、無添加食品の欺瞞(「第29回食品添加物は悪なのか?」)について論じてきました。しかし、高いお金を払ってでも無農薬野菜や無添加食品を選びたいという個人の自由は守られるべきものだと思っています(個人的には、基準値よりもさらに低い低農薬野菜や根拠のない無添加食品を求めることは費用対効果から考えると余り意味のないことだと思っていますが・・・)。

エコナに話を戻すと、現時点でグリシドールをどのくらいまで摂取すると危険なのかはまだ明らかにされていません。また、エコナに含まれているグリシドール脂肪酸エステルの何%が実際に体内でグリシドールに変化するのかというデーターもないようです。しかし、だからこそ最悪の事態を想定し、評価が定まるまでは「疑わしきは使用せず」の態度でのぞむべきなのではないのでしょうか。

冒頭のトクホ取り消し要求を不当だと考える人達の批判は少しバランスを欠いているように感じられました。


※ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
※このような話題に興味のある方がおられましたら、このサイトへ是非ご案内ください。
※お時間がございましたら、サイドのバナー広告もご覧いただければ幸いです。
コメント
この記事へのコメント
どうもです^^

いつもありがとうございます!!
今週もがんばりましょうー^^
2009/11/01(日) 17:34 | URL | ちっち #-[ 編集]
こんばんわ^^

やはり根拠なくそういう発言をするのはどうかと思いますね。

我が家は普通サラダ油に切り替えました^^
2009/10/31(土) 20:06 | URL | ちっち #-[ 編集]
最近、何とか団体って聞くだけで疑いの目をもってしまうのはなぜでしょうか。。。(汗)
2009/10/29(木) 18:08 | URL | 野茂大好き16 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakamotoya.blog86.fc2.com/tb.php/55-d6abb3cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。