第62回ネギで風邪知らず!?

ここでは、「第62回ネギで風邪知らず!?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年、新型インフルエンザが大流行するのではないかと一時大きな騒ぎとなりましたが、幸いにも大事にはいたらず、現在ではせっかく確保したワクチンも余剰が出そうな気配です。しかし、まだまだ油断は禁物です。風邪と言えば民間療法としてネギがよいと昔から言われていますが、今回はネギの健康効果について紹介したいと思います。

ネギには、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル類、カロテン、ビタミンB1、B2、Cなどのビタミン類が多く含まれています。その他、ネギに含まれる特徴的な成分として、アリシンとネギオールという成分があります。

アリシンは、ネギの他にもニンニクやタマネギなどネギ属に共通に含まれる滋養強壮効果のある成分です。血小板の凝集を抑制して動脈硬化を予防する働きが期待されている他、抗菌、抗ウィルス、抗炎症作用もあることが知られています。

ネギオールは、ネギの白い部分に多く含まれている精油成分ですが、アリシン同様に抗菌、抗ウィルス作用があるほか、発汗促進作用などもあるそうです。

ネギが風邪によいとされるのは、アリシンやネギオールなどの働きによるものだと思われますが、実際に動物実験による検証も進められています。富山大大学院医学薬学研究部の林利光教授らはマウスを使ってネギの風邪予防効果を研究されています。(朝日新聞:「「ネギは風邪にいい」、ウイルス抑制実証 富山大大学院」)。

林教授らは、マウスに1週間、ネギの抽出物を経口投与した後、インフルエンザウイルスに感染させました。ネギの投与はその後も続け、最も増えるとされるウイルス投与から3日後のウイルス量を、肺と気管支で調べたところ、ネギを与えたマウスのウイルス量は、与えなかったマウスの3分の1程度に抑えられていました。また、ウイルス投与から3週間後に、マウスの体内にある抗体の量を調べた結果、ネギを与えたマウスの血液中などの抗体は、そうでないマウスに比べ、3倍近く多かったということです。これらの研究成果からネギは免疫力を高めることによって風邪を予防しているのではないかと考えられるそうです。

伝承的に風邪によいとされてきたネギですが、科学的に解明される日も近いのかもしれません。



※ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
※このような話題に興味のある方がおられましたら、このサイトへ是非ご案内ください。
※お時間がございましたら、サイドのバナー広告もご覧いただければ幸いです。
コメント
この記事へのコメント
応援クリ★ポチっヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸 
2010/04/07(水) 04:01 | URL | ゆっきー #-[ 編集]
発刊作用にとても効果的なんですね
2010/03/08(月) 04:50 | URL | yukki #-[ 編集]
こんばんは~!

ネギには抗菌成分が多いんですね!

それから、ネギは頭にいいと聞きますし良い事だらけですね。

(^^)凸
2010/02/23(火) 21:43 | URL | 野茂大好き16 #-[ 編集]
いいですね。いつも見てます
2010/02/23(火) 18:20 | URL | データ復旧 #-[ 編集]
ネギが苦手なのですが、なにかいい食べ方を見つけて摂取した方がよさそうですね(*T-T)
2010/02/23(火) 16:58 | URL | ヒッキー #-[ 編集]
やっぱりネギは栄養があったんですね!アリシンはビタミンB1と結合してアリチアミンとなるみたいです。
2010/02/23(火) 10:31 | URL | B1ファン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakamotoya.blog86.fc2.com/tb.php/65-792be70d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。