第77回死の四重奏

ここでは、「第77回死の四重奏」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当ブログでは、これまでに死亡原因の2位と3位を占める心筋梗塞と脳卒中が脂質異常症と高血圧によってもたらされることを紹介してきました(第19回フレンチパラドックス第26回高血圧の予防法)。しかし、これらの病気の進展には、その他にも内臓脂肪が大きく関わっているということを今回は紹介したいと思います。

現在、メタボ検診なども広く行われるようになり、メタボリック症候群(代謝症候群)という言葉もすっかり市民権を得たのではないでしょうか。このメタボリック症候群は少し前まで、「死の四重奏」と呼ばれていました。つまり、心筋梗塞と脳卒中の進展には以下の4点が深く関わっているというのです。

1. 肥満(上半身型肥満=リンゴ型肥満)
2. 高血糖(糖尿病)
3. 高血圧
4. 高脂血症(脂質異常症)
※1の上半身型肥満は腹部の内臓脂肪に脂肪が蓄積したもので男性に多い。対をなす下半身型肥満=洋ナシ形肥満は主として腰周りの皮下脂肪に脂肪が蓄積したもので女性に多い。

上記の4点は、一つ一つがリスク要因ですが・・



この続きは、拙著「健康食品考」に収録させていただきました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakamotoya.blog86.fc2.com/tb.php/80-a1754a9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。