第81回大根の効用ともみじおろしの迷信

ここでは、「第81回大根の効用ともみじおろしの迷信 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋も深まって参りました。秋冬に旬を迎える食材と言えば、大根があげられるのではないでしょうか。大根は様々な料理に利用され、非常にレパトリーの広い食材ですが、効用においても実に多様な働きを持っています。

栄養学的には、ビタミンA、B、Cに富み鉄分・リン・カルシウムなどのミネラルを含んでいます。また、食物繊維が豊富で低カロリーです。

大根には、でんぷんを分解するアミラーゼ、脂肪を分解するリパーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼなど各種の消化酵素が含まれていますので、食物の消化を助け胃もたれを防ぐ働きがあります。製薬会社三共の創業者高峰譲吉は、麹菌からジアスターゼ(アミラーゼ)を抽出することに成功し、自身の名の「タカ」とラテン語の「TAKA(強いという意味)」を掛けてタカジアスターゼと命名しましたが、このタカジアスターゼの開発には、古くから餅を食べるとき大根おろしをつけて食べると胃がもたれないという事が大きなヒントとなったとも伝えられています。

また、大根には白菜やキャベツと同様にアブラナ科に属す植物に特有の辛味成分であるイソチオシアネートが含まれています(「第64回キャベツは生で食べるのがよい!?」「第74回白菜の抗癌作用」もご参照ください)。イソチオシアネートは抗菌作用、抗癌作用、血栓防止作用などの働きを持つことが知られています。イソチオシアネートは大根を刻んだりすりおろすなどしたときに酵素の働きで生成しますが、刺身のツマに白髪大根が用いられるのはイソチオシアネートによる防腐効果も期待され理にかなっていると言えます。

料理の彩りによいということで用いられる大根と人参をすりおろした「もみじおろし」というものがありますが、以前は栄養学的にはよくない組み合わせだと言われていました。人参に含まれるビタミンCを酸化させる酵素が大根のビタミンCを破壊するからというのがその理由です。しかし、酸化されてしまった酸化型ビタミンCも人が摂取した場合、体内で容易に元の還元型ビタミンCに戻り、ビタミンCとしての機能を十分に発揮するということが近年の研究で明らかにされました。もみじおろしのタブーは今では迷信となってしまったということです。




このブログがおもしろいと思われた方は、是非ツイートボタンを押してください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/12/17(土) 13:54 | | #[ 編集]
普段、大根についてそこまで深く考えたことがなかったので、
とてもためになりました。
2011/11/19(土) 17:34 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakamotoya.blog86.fc2.com/tb.php/87-36d3fc10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/11/20(火) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。