健康食品業界にまつわる裏事情と健康食品の上手な活用方法♪
↓当ブログは書籍化されています!!(クリックで詳細ページへジャンプします。)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第78回で、茶のしずく石鹸によって重篤な食物アレルギーが発生する恐れのあることを紹介しました。前回は、販売会社の対応のまずさに焦点を絞って説明しましたが、今回は医学的な見地からこの問題について考えてみたいと思います。

「茶のしずく石鹸事件」では、石鹸を使用することによって食物アレルギーを発症するようになったことが悲劇を生んだ訳ですが、肌に用いる石鹸がなぜ食物アレルギーを引き起こすことになったのか疑問を持たれた方も多いのではないかと思います。実は、茶のしずく石鹸に配合されていた「加水分小麦(加水分解コムギ末)」はアレルギー感作という現象を引き起こしてしまったようなのです。

アレルギーの本質は抗原抗体反応によって起こるのですが、生体が何度か繰り返し異物の侵入を受けるとそれらの異物は生体にとって敵であると認識されるようになり、次回からの侵入を防ぐために抗体と呼ばれる特殊なたんぱく質が生産されるようになります。この抗体が大量に生産され、体内に備蓄されてしまった状態が「アレルギー感作」という状態です。

一度この状態になってしまうと、生体は異物の侵入を防ぐため抗原抗体反応によって引き起こされる様々な生体反応を総動員して異物を直ちに排除しようとします。この一連の生体反応がアレルギー反応と呼ばれる訳ですが、アレルギー反応によって引き起こされるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、かゆみなどの不快症状は、いずれも異物の侵入を防ぐための防御反応です。

どのようものが異物として認識され、排除されるのかと言いますと、自分の体を構成していない体外からのタンパク質すなわち「異種タンパク質」が異物として認識されます。これは口から入る全ての食物がアレルギーの原因物質=アレルゲンとなり得るということを意味しています。しかし、多くの人々にとって、全ての食物がアレルゲンになるということはまずありません。

それは、以下のような点によってアレルギー感作されるのを防ぐメカニズムが働いているからです。まず一つ目には、口から入ったものは胃や腸で消化を受け、低分子化されます。詳しい説明は省きますが、アレルギー発症のメカニズムとして異物がアレルゲンとして認識されるには高分子であることが必須条件となっているからです。

そして、もう一つは「経口免疫寛容」という現象です。すなわち、口から入った異種タンパク質に対しては、アレルギー感作が起きないように免疫系が調節を受けているのです。これは、ウルシ職人が幼少期よりウルシを食べてウルシアレルギーになるのを防ぐということでも知られています。恐らくは口から入ったもの全てがアレルギーを引き起こしてしまうと体外から栄養素を摂取できなくなってしまうので、それを防ぐための安全機構として働いているのではないかと考えられます。

今回、茶のしずく石鹸で用いられた「加水分解小麦」は、分子量が大きいという特徴を持っていました。恐らくは、保湿性を高めることを目的として開発されたものなので、保湿性を付与するために敢えて完全に低分子化しなかったのではないかと思われます。そのことによってアレルゲンとして認識され得る分子量の大きなタンパク質が残存することになったのではないでしょうか。

つまり、石鹸によって食物アレルギーが引き起こされた背景には、口から摂取されていれば消化によって低分子化されたり、経口免疫寛容が働いてアレルゲンとして認識されることはなかったはずなのに、肌から経皮吸収されたことによってアレルギー感作が成立してしまったと考えられます。非常に残念なことですが、このような背景からこれまで小麦アレルギーを持っていなかった方にまで小麦アレルギーを誘発してしまったと考えられるのです。

今回の事件が発生するまで、「加水分解小麦」は泡立ちと保湿性の優れた素材として市場では高い評価を受けていたようです。以前、「第15回フードファディズム」の記事の中でも申し上げましたが、このように新しく開発された素材には思わぬ落とし穴が潜んでいるものなのです。そのような落とし穴にはまらない為には、何か新しい素材が出てきたときにすぐに飛びつくのではなく、世に出回って使用経験がある程度積み重ねられた頃を見計らってから使用するというのがよいのかも知れません。


末筆となりましたが、不運にも茶のしずく石鹸によって小麦アレルギーを発症された方には心よりお見舞い申し上げます。


このブログがおもしろいと思われた方は、是非ツイートボタンを押してください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



今回は、8月10日発売の拙著「健康食品考」の試読記事をご紹介いたします。


はじめに

医学の進歩のお陰で、2010年度の日本人の平均寿命は、男性79.64歳、女性86.39歳にまで達しています。これは世界的にも十分誇れるもので、男性は世界では4位、女性は世界1位となる堂々たる成績です。

しかしながら、医療技術のすぐれたこの日本でもまだ克服できていない病気があります。日本人の死亡原因をみると、2010年度において1位の悪性新生物(がん)で30.1%、2位の心疾患(心筋梗塞など)で15.8%、3位の脳血管疾患(脳卒中)で10.7%の方が亡くなっています。これら上位3つの病気は3大生活習慣病と呼ばれていますが、3つを合計すると死亡原因の6割近くを占めています。

このような死亡原因の偏りから現代西洋医学の弱点をうかがい知ることができるように思います。つまり、西予医学はかつて死亡原因のトップを占めていた結核やコレラなどの感染症や外科手術の必要な虫垂炎などの急性病を克服するのには役立ちましたが、日頃の生活習慣が積み重なって発症する慢性病である生活習慣病には、十分に対応し切れていないのではないかということです。

一方、急性病に対しては十分な効果を発揮することができず、隅に追いやれた感のある東洋医学ですが、慢性病の蔓延する現代においてはその存在価値が再評価されています。

東洋医学で用いられるキーワードの中には、現代でも十分に通用する優れた考え方があります。みなさんは「医食同源」とか「未病」、「上薬・下薬」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

それぞれ非常に味わい深い含蓄を含んだ言葉です。まず「医食同源」というのは、日頃からバランスの取れた食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方です。

そして、「未病」というのはまだ病気とまで言える状態ではないけれどもすでに体に何らかの異常を来たしていて、将来病気に発展するかも知れないという状態です。例えば、西洋医学でいうところの高脂血症などがこれにあたるのではないかと思います。

高脂血症は、ただ単に血液中のコレステロールや中性脂肪が通常より多い状態であるということだけで、頭が痛いとかお腹が痛いということはなく、本人に自覚症状は全くありません。しかし、長年高脂血症の状態を放置しておくと、動脈硬化になり、果ては心筋梗塞や脳卒中を引き起こして死にも至る恐ろしい病気です。

現在の主要な死亡原因となっている生活習慣病は、いずれも日頃の生活習慣、特に食習慣が原因となって起っています。生活習慣病は一度罹ってしまうと治療するのはとても難しい病気ですが、実はこれらの病気に罹らないようにするのはとても簡単です。病名の由来にもなっている生活習慣を改めることができれば誰にでも防ぐことができるのです。「医食同源」と「未病」は、予防医学の重要性を気付かせてくれるとても優れた考え方であると思います。

さらに、東洋医学では、薬を上薬(じょうやく)と下薬(げやく)に分類し、それぞれをうまく使い分けるという考え方があります。下薬というのは即効性のある薬ですが副作用も強く、長く飲むことのできない薬です。一方、上薬というのは効き目は穏やかですが、副作用がないので長期に亘って安心して飲める薬です。

生活習慣病の蔓延する現代社会においては、健康食品は日頃の食習慣の乱れを補正してくれる東洋医学でいうところの「上薬」として、「未病」から抜け出すための一助となってくれるのではないかと思います。

健康食品は、医薬品のように体感的にすぐによくなるということは余りないかも知れませんが、長く飲み続けることによって、体調を整え、将来降りかかるかもしれない重大な病気から私達を守ってくれる手段として有用ではないかと思います。

しかしながら、長く健康食品業界に携わって来た者として、最近の健康食品業界には憂いも感じています。即効性を追求し過ぎる余り、西洋医学的な下薬に成り下がっているのではないかということです。「健康食品」という言葉が認知されるようになった頃の素朴な商品作りに比べ、現在では成分の高含有量を図るために高度に精製されたものや製造効率を上げるために化学合成に頼ったものが多く見受けられるようになりました。

高度に精製されたものは、効き目もシャープですが、副作用もシャープです。例えば、ブラックコーヒーはきつくて飲めないという人でも、同じブラックコーヒーにミルクと砂糖を入れると飲みやすくなります。

また、高度に精製されることによって、本来の有用性が損なわれることもあります。自然食ブームで黒砂糖の人気が高まっていますが、精製白砂糖に比べて黒砂糖にはポリフェノールやミネラル類など有用成分が残存しているという特長があります。さらに、黒砂糖はすぐれた機能性があり、白砂糖に比べて血糖値の上昇が穏やかであるという研究も報告されています。精製白砂糖には残っていないサトウキビ由来の残存成分が糖の吸収を緩やかにしてくれるからです。

個人的な見解ですが、本来の健康食品は飽くまでも上薬を目指すべきであり、加熱や乾燥などのごく単純な加工に出来るだけ留めるべきではないかと思っています。

その他にも、強引な販売による経済的被害や不適切な使用による健康被害なども古くから発生しており、功罪半ばする健康食品ですが、使い方を誤まらなければ、健康の維持増進に大いに役立つものであると確信しています。

なお、適切な使い方をするには適切な情報が必要なのですが、非常に残念なことに現状では薬事法によって健康食品の効用に関する広報活動は著しく制限されています。情報が不足することによって、却ってゆがんだ形で情報が伝わり、混乱を生じているのではないかということを危惧しております。

本書は、そのような健康食品まつわる混乱した状況に一石を投ずるため、これまで著者がブログを通じて発信してきた健康食品にまつわる様々な情報を4つのテーマに分類して再編集したものです。

第1章では、健康食品を利用されるにあたり、気をつけていただきたいポイントをキーワード毎にまとめております。

第2章では、個々の生活習慣病の解説とそれぞれの生活習慣病の予防に役立つ食品の機能について紹介させていただきました。生活習慣病の予防には何よりも日頃の食生活が大切なのですが、それに気づいておられる方は少なく、無関心であるかあるいは闇雲に健康食品に頼っておられる方が多いのではないかと思います。そのような中、今一度食品の果たす役割について理解を深めていただき、日々の生活の中で食品を上手く病気予防に活用していただきたいと思います。

第3章では、健康食品にまつわる様々な事件や事故に関連し、私の感想を四方山話という形で綴らせていただきました。日々、様々な事件や事故が発生していますが、中には今後どのように健康食品と接していけばよいのか困惑させされるようなことも起きています。それらの事件・事故について私の考えを述べさせていただきました。

そして、第4章では、身近な食材の機能性について紹介させていただきました。これは、高額な健康食品を買うまでもなく、日頃慣れ親しんでいる食材の中にも優れた栄養機能を持ったものは数多(あまた)存在することを知っていただき、うまく病気予防に活用していただきたく、四季折々の代表的な食材をその特徴的な栄養成分を中心に解説させていただきました。

どれほどお役に立てるのかはわかりませんが、最後までご高覧いただければ幸いです。

(引用終わり)


いかがでしたでしょうか。
興味を持っていただけた方、続きが読みたいと思われた方は
下記をご参照ください。
↓  ↓  ↓  ↓ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。